Top >  基礎化粧品を上手に使いこなすには >  クリームの作用とは

クリームの作用とは

私たちの肌はとてもセンシティブで、外界の影響を受けやすいだけでなく私たち内部の反映としても肌にさまざまなサインが現れます。
肌のタイプはいろいろありまして、乾燥肌や混合肌の方は迷いなくクリームや乳液を使うことが多いのですが、オイリー肌になりますとどうしてもクリームや乳液を使うことにためらいが出ます。
クリームや、乳液を使うことによってさらに油性になるのではないかという心配と、すでに油質だからそのうえからクリームや乳液をつける必要はないと感じている方も多いかと思います。
しかし、オイリー肌というだけで決して肌が内側からみずみずしく潤っているというわけではありません。
オイリー肌にはさまざまな原因が考えられます。
たとえば、皮脂の過剰分泌がその一つでそのほかにも肌のダメージによるものもあります。
また、年齢を重ねるにつれてどうしてもTゾーンだけはオイリーになりやすいもので、加齢によるオイリー肌の場合はよくTゾーンだけ油質で、ほかの頬や目の周りはなぜかカサカサと乾燥していることが多いです。

 <  前の記事 乳液の成分とは  |  トップページ  |  次の記事 クリームを使う場所を使い分けることが重要  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14275

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。