Top >  基礎化粧品を上手に使いこなすには >  化粧水とは

化粧水とは

今まで、クレンジングや洗顔料などについて説明してきましたね。
ここからは化粧水について紹介していきましょう。
化粧水・・・洗顔のあとに肌にぬるものとされていますね。
化粧水とは、皮膚を保湿して整えてくれて滑らかにする液状の化粧品のことです。
そして、成分としては水が70%以上です。
この水のほかにアルコールと保湿剤が10%程度で残りは紫外線吸収剤・殺菌防腐剤・香料・界面活性剤・着色剤・油分などです。
ですが、成分表でこれらが表示されているのを見たことはないと思います。
それは成分表には成分の一部しか表示されないからなのです。
容器や外箱に表示されている化学物質はアレルギーを起こしやすいとされている厚生省が決めた102種類もの指定された成分のみですが時にはエデト酸・ジブチルヒドロキシトルエン・パラベンなども表示されている化粧水もあるようです。
さらには酢酸トコフェロール・パラベン・ジブチルヒドロキシトルエンと記載されてあったり、酢酸トコフェロール・パラベン・香料と表示されたあったりするのです。
化粧水を購入する前に、試供品などで試してみるのもいいかもしれませんね。

 <  前の記事 泡洗顔とは  |  トップページ  |  次の記事 自然に皮脂を出す力とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/4111

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。