Top >  基礎化粧品を上手に使いこなすには >  自然に皮脂を出す力とは

自然に皮脂を出す力とは

前回、泡洗顔について説明しましたね。
泡洗顔とは細かい泡が汚れを吸着してくれます。
ですので、こすることなくさっぱりと洗うことが出来るのです。
こういったことを考えると、泡洗顔とは肌の潤いを保ちながらいらないものだけを洗い流す理想的な洗顔法だということがわかりますね。
洗顔料に含まれている「かぶれ」といったものをひきおこしやすい成分とはエデト酸塩とジプチルヒドロキシトルエンだと言われています。
エデト酸塩とジプチルヒドロキシトルエンは無着色・香料といった表示がされていますが、ジプチルヒドロキシトルエンは血小板機能の阻害や発がん性などの報告がなされているのです。
本来は肌とは自然に皮脂を出しているものです。
ですが、肌に油分を補い続けていると自然に皮脂を出す力というものがなくなってしまい「乾燥肌」になってしまうのです。
さらには、油性肌の人には補い続けている油分は余分なものです。
ですので、皮脂の排出というものが妨げられてしまいその結果、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 <  前の記事 化粧水とは  |  トップページ  |  次の記事 肌にあわせて化粧水を選ぶ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/4110

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。