Top >  基礎化粧品関連 >  乳液の働きとは

乳液の働きとは

さて、理想的な肌になるためには、何をすればよいのかといいますとやはりこまめなお手入れだといえましょう。
日常生活において私たちの肌は、生活や環境の影響に敏感に反応しそれが目で見てもわかるように反映するものです。
鏡を見たときに、ちょっと肌が荒れているなどと感じたときがそうです。
したがって、私たちは自分の肌を自分で守る方法を知らなければなりません。
私たちの肌にある水と油質のサンドイッチ構造のバランスをよい状態で保つことがとても大切ですので、水分が不足したり油分が不足したり、いずれのものも不足させてはなりません。
あくまでもバランスを保てることが大切ですので、どちらかに偏らずに水分補給をしたり油分補給したりしなければなりません。
そこで、水分補給の役割を果たすのが基礎化粧品のなかの化粧水だといえます。
そして、油分補給の役目を果たすのが乳液だといえます。

 <  前の記事 乳液とは  |  トップページ  |  次の記事 乳液の上手なつけ方とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14269

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。