Top >  基礎化粧品関連 >  乳液の用途とは

乳液の用途とは

さて、汗ばむ季節が近づくにつれて肌の「油分」が気になるところではないでしょうか?
油分を気にするあまりに、乳液を使用するのを控える人・辞めてしまう人がいるようですが、決して乳液をぬることをやめてしまうのはもっと問題あるのです。
それでは、乳液について簡単に説明しましょう。
まず乳液の用途ですが、よく聞くところで「サンプロテクト」や「ハンドローション」これらも乳液が使用されているのです。
これらのほかに洗浄用のクレンジングやマッサージに使用するものにも使われているのです。
そして、乳液の成分ですが油分が12~35%ほど含まれているのです。
この油分のほかに高級脂肪酸・油脂・高級アルコール・ロウ・エステル・炭水化物等を使用しています。
さらにこの乳液のほかにシリコーンオイルなどもあるそうです。
乳液は油と水を分離させないために強力な界面活性剤が使われていました。

 <  前の記事 油っこいと思う肌であっても  |  トップページ  |  次の記事 乳液とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14266

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。