Top >  基礎化粧品の重要性 >  美白のホワイトニング

美白のホワイトニング

美白といえば、女性ならば誰もがうらやむ肌のコンディションといえるでしょう。
いまでも根強い人気があり、美白成分は主にメラニンの生成を抑制する作用がありそのほかに、情報伝達物質に伝達する信号を阻止する成分・鎮炎成分・濃色細胞から淡色細胞に変える成分などがあります。
これらの成分はどのホワイトニング製品にも入っているわけでなく、それぞれが単独で入っている場合が多いです。
そのため、いくつかの美白化粧品を同時に使うとより効果的であり、あるいはスペシャルホワイトニング製品のように集中ケアのあるものを用いると効果が顕著になります。
しかし、皮膚の細胞というものは寝ているあいだに生成されますので、朝の目覚めにホワイトニングをしてもあまり効果はないです。
昼間はむしろ日焼け止めなどの紫外線カットのケアをした方がよいでしょう。
美白製品を使っているからといって、安心して直射日光に当たったりしますとせっかくの効果も台無しになります。
なぜならば、ホワイトニングだからといって決してパーフェクトに白い肌を維持させてくれるわけではなく、むしろ肌のコンディションを整えて疲れた肌を回復させたりする働きをするのです。

 <  前の記事 トーニングローションとは  |  トップページ  |  次の記事 ホワイトニング化粧品とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14291

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。