Top >  基礎化粧品の重要性 >  トーニングローションとは

トーニングローションとは

パックは使ったあと、すぐにその効果が現れますが残念ながらその効果は一時的なもので決して長続きはしません。
そのため、パックとして化粧水や乳液・クリームをコットンに浸るくらいに漬け込んでそれをパックの代わりに肌に付けてもパックのような効果が出てきます。
ほんの10分ほどで肌の輝きを取り戻すことができますのでぜひお試しください。
パックのあとは、軽くマッサージをしてからきれいにティッシュでふき取りましょう。
また、よくパックの後にさっぱりしたトーニングローションをつけて、肌をすっきりした状態にしますがこのトーニングローションは使ってもよし、使わなくてもよしのものでむしろ洗顔をマメにして肌に洗顔料が残らないようにすることに気をつけましょう。
なぜならば、洗顔料が肌に残った状態ですと、洗顔料の界面活性剤の影響でペーハーという部位がダメージを受けて炎症を起こすからです。
トーニングローションは、清涼剤や柔軟成分が配合されていますので、皮膚の炎症を沈静する作用があり炎症の予防にもなりますので、お好みで使うとよいでしょう。

 <  前の記事 パックで美肌  |  トップページ  |  次の記事 美白のホワイトニング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14290

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。