Top >  基礎化粧品の重要性 >  基礎化粧品のクリーム

基礎化粧品のクリーム

しかし、クリームにもいろいろな種類がありまして、たとえば保温タイプのクリームですと、界面活性剤を加えたものですので必然的に油分を多く含むようになります。
そのため、油分で肌を保温してくれますがほとんどは保温効果だけで、肌が受けるであろうほかのダメージに対してのケアはほとんどありません。
たとえば、通常の保温クリームですと皮膚の老化を防止する効用や、アンチエイジのシワ伸ばし効果などはほとんどないのです。
そもそもクリームは顔全体にベッタリ塗りつけるよりも、気になる部位だけにつければ効果は十分に発揮できるものです。
そして、クリームを使った場合に大事なステップとして仕上げに温かな手のひらで顔全体をやさしく包み込み、しばらくその状態で顔を温めるのです。
そうすることにより、つけた乳液やクリームなどが手のぬくもりで柔らかくなり肌の奥まで染み込みやすくなるからです。
とても簡単で手間のかからない作業ですのでぜひとも実行してみてください。

 <  前の記事 皮膚の再生に効果的な乳液  |  トップページ  |  次の記事 乾燥に効果的なクリーム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14274

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。