Top >  基礎化粧品の重要性 >  乳液の使い方とは

乳液の使い方とは

ほかの基礎化粧品と同じように、乳液も使い方によって肌に与える影響が少なからず違ってきます。
そのため、化粧品の特性を知り、その化粧品の使い方を的確にマスターすることで肌の調子もよくなりますし、化粧品の効果を最大限に引き伸ばせられますので化粧品の無駄使いもなくなります。
それでは、いったい乳液はどのように使うと効果があるのでしょうか。
まずは、お手入れとして朝と夜に分けて少なくとも二回は使います。
もちろん、暑い夏などはもう少しお手入れの頻度も多くなりますが、基本的には朝と夜の二回に分けてお手入れをします。
この朝のお手入れと、夜のお手入れにはコツがありますのでまずはそのコンセプトをよく飲み込むことが肝心です。
朝と夜の乳液の使い方には目的と効果が違ってきますので要注意です。
目的と効果が違うため、朝と夜のどちらかをクリームだけにしたり乳液だけにしたりすることはなるべく避けましょう。

 <  前の記事 乳液の上手なつけ方とは  |  トップページ  |  次の記事 皮膚の再生に効果的な乳液  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14271

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。