Top >  基礎化粧品の重要性 >  乳液の上手なつけ方とは

乳液の上手なつけ方とは

乳液は、水分と油分のバランスを整える働きがあります。
ここで注意したい点は、一見してクリームと乳液は同じような役割を果たしているように思えますが、本当のところは全く違った作用があり働きもそれぞれ違います。
基礎化粧品のなかのクリームというのは、水分や油分などの栄養分を閉じ込める膜を作る働きがあります。
したがって、角質層が正常に機能しトラブルのないきれいな肌になるには、まず乳液で肌の表面に薄い膜を作りバリアのような働きをさせてから、クリームをつけて肌の細胞の活性化あるいは栄養補給をしましょう。
クリームもそうですが、乳液も種類によっては手にとってからすぐに肌につけると、ひんやりするだけで肌になじみにくく、しばらくするとベタベタした感じになるものがあります。
こうならないためにも、肌につける前に5秒ほど手のひらにとって、軽くかき混ぜるような感じで温めましょう。
5秒ほどしますと、クリームや乳液は手のぬくもりで柔らかいものに変質しますので、この方が肌になじみやすく浸透も速くなります。
しかもこのたったの5秒でクリームや乳液の伸びもよくなり、ベタつくことも少なくなるうえデリケートな肌に与える負担も軽くなります。

 <  前の記事 乳液の働きとは  |  トップページ  |  次の記事 乳液の使い方とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14270

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。