Top >  基礎化粧品とは >  クレンジング・・・オイル状とクリーム状の違いは

クレンジング・・・オイル状とクリーム状の違いは

クレンジングをしっかりすればくすまない肌への一歩を進めることが出来ます。
特にしっかり落とせるクレンジングを選ぶことも重要とされます。
オイルタイプのクレンジングは油分の多い目元や口元のポイントメイクでも使うことが出来ます。
最近のクレンジングは弱い界面活性剤というものが含まれています。
ですので、クレンジングを行った後はしっかり水で流すことが大切です。
クリーム状のクレンジングはクリーム状固形油分が多く使われている乳化クリームや体温で融ける油分のクリームといったもので作られています。
このクリーム状のクレンジングを使用すると肌の表面にオイルが広がり、メイクの色素をとかしてくれるのです。
そして水性ジェル状なので油分はほとんど含まれていないといえるるでしょう。
これも界面活性剤が働いてメイクを落とします。
このクレンジングは色素や油分が多いポイントメイクを落とすには向いていないといえます。

 <  前の記事 メイクが落ちたと確認するには  |  トップページ  |  次の記事 クレンジングは選ぶべき  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/4105

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。