Top >  基礎化粧品とは >  クレンジングの成分は

クレンジングの成分は


クレンジングは化粧を落としながらマッサージができるというとても便利なものです。
ですが、化粧を落としながら汗や汚れなども一緒にマッサージされていることになってしまうのです。
さて、クレンジングクリームとはどんな科学物質で作られていると思いますか?
クレンジングクリームは界面活性剤・保湿剤・油分などが多く含まれているのです。
界面活性剤の危険性は聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
ですので、あとで石鹸などで十分に洗顔する・・・と言うことが重要になるのです。
洗顔料や保湿剤・油分など関係なく肌がかさかさしやすい人も中にはいると思います。
そんな人は洗顔後、酸性の化粧水をつけるのがいいのだそうです。
特に乾燥がひどい人はひどい箇所に油分を補うという方法も有効です。
肌の弱い人も中にはいますよね。
そんな人は「強い刺激」を受けるようなことは避けた方が良いかと思います。

 <  前の記事 クレンジングについて  |  トップページ  |  次の記事 値段が高ければよいものなの?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/3825

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。