Top >  基礎化粧品とは >  乳液の成分とは

乳液の成分とは

一般的に乳液の油成分は12~35%を占めており、比較的に多く含まれています。
その成分には、油脂、炭化水素、ロウ、高級脂肪酸、高級アルコールエステルなどが入っており、このごろはシリコーンオイルも使われるようになりました。
乳液の特徴には、水と油を分離させない強力な界面活性剤があることで知られています。
しかし、この界面活性剤は不安定なものでしかも変質しやすいので、乳液は製造過程で保存料や酸化防止剤などの化学物質を加えることによって、品質を安定させるようにしてあります。
直接目で見ることはできませんが、私たちの肌には細胞と細胞のあいだの小さな空間を埋めている細胞間油質があり、この細胞間油質というのは、水と油質がサンドイッチのような構造をなしているためそのサンドイッチ構造における水と油質のバランスが整っている場合に、私たちの肌はきめ細かで、しっとりした肌になり、いわゆる理想的な肌になるわけです。

 <  前の記事 乾燥に効果的なクリーム  |  トップページ  |  次の記事 クリームの作用とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14268

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。