Top >  基礎化粧品とは >  乳液とは

乳液とは

乳液はいうまでもなく、基礎化粧品のひとつですが通常は洗顔したあとにお手入れとして、化粧水・乳液の順番で使うものです。
乳液にもいろいろな種類がありまして伸びがよく、すっと肌になじむタイプとそうでないタイプのものがあります。
乳液は一般的にさっぱりしたものが多く、油質のお肌にもなじみやすく夏のベトつきやすい季節でも油っぽくないために、多くの女性に愛用されています。
乳液の用途はいくつかに分けられます。まずは、サンプロテクトいわゆる日焼け防止になります。
そのほかにも、乾燥や肌荒れの防止、ハンドローション・クレンジング・マッサージなどとして使われることがあります。
一般的に乳液の油成分は12~35%を占めており、比較的に多く含まれています。
その成分には、油脂、炭化水素、ロウ、高級脂肪酸、高級アルコールエステルなどが入っており、このごろはシリコーンオイルも使われるようになりました。

 <  前の記事 乳液の用途とは  |  トップページ  |  次の記事 乳液の働きとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14267

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。