Top >  基礎化粧品とは >  油っこいと思う肌であっても

油っこいと思う肌であっても

化粧水とは、肌の乾燥予防に化粧用の「水スプレー」というものを使用されるようになったのが由来であるとされています。
今では、化粧水の中にもいろいろな成分が配合され、昔に比べると肌にも良いとされるものも増えてきました。
そして、洗顔が終わった後に化粧水を使用しその後に必ず「乳液」というものを使用すると思います。
今回はこの「乳液」について迫ってみましょう。
乳液とは・・・肌の油分を補うものとされています。
乳液は、思っている程油っぽくはありません。
さっぱりとしているものなのです。
ですので、自己判断で「油分が多い肌だから・・・」と勝手に乳液をぬるのをやめてしまうということはあまり好ましくないといえるでしょう。
汗ばむ春から夏に掛けての季節や脂性の肌の人であっても、乳液を使用するべきなのです。
乳液とは「のび」がひじょうによいとされていて肌にもよくなじむものなのです。

 <  前の記事 化粧用の水とは  |  トップページ  |  次の記事 乳液の用途とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/14265

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「基礎化粧品 ~基礎化粧品を上手に使いこなすには~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。